TBN TRAVEL Thursday, 24.05.2018, 14:31
Welcome Guest | RSS
Site menu

Section categories
日本 [1]

Our poll
Where are you from?
Total of answers: 32

Statistics

Total online: 1
Guests: 1
Users: 0

Login form
Main » Articles » 日本 » 日本

キエフ(ウクライナ語: Київ [ˈkɪjiʋ クィーイィウ]

キエフウクライナ語Київ [ˈkɪjiʋ クィーイィウ][3]英語:Kyiv、またはKiev )は、ウクライナ首都で、同国最大の都市である。また、東ヨーロッパ東部における最古の都市で、東スラヴ人聖地である。コサックキエフ連隊の中心。

ウクライナ語:Київで、発音は「クィーイィウ」に近い。ラテン文字転写としては簡略なKyivが正式な表記とされているが、政府の発表により表記が統一されるまでは各文字を機械的に転写したKyijvKyjivなどが用いられていた。

名称 [編集]

  • ロシア語:Киевで、発音は「キーイェフ」に近い。ラテン文字転写としては、最も多いKievの他、KijevKiyevなどが用いられる。
  • ポーランド語:Kijówで、発音は「キーユフ」に近い。日本語転写としては「キユフ」と書かれる。日本語文献では、ポーランド支配時代に関する記述等でこの名称が使われることがある。
  • 英語:KyivまたはKiev。独立以前はKievが公式のラテン文字表記であったが、独立以降は唯一の公用語国家語)のウクライナ語の名前であるКиївから、Kyivとの表記がウクライナ政府によって決められた。これに従い国内の道路標識や空港や駅等の表記は「Kyiv」で統一されている。ウクライナ国外では新聞や雑誌等のメディアは慣例からKievの表記を使う方が現状もっぱら一般的である一方、学術的な専門書ではKyivが使われることが多い[4]
  • 日本語:ウクライナ語名に沿った「キーウ」、「キーイウ」、「キーイヴ」等の表記がされる場合はあるが、現時点ではまだ使用頻度は少ない[5]。外務省発表も含め、各メディアともロシア語名に沿った「キエフ」と表記がなされることが多い。アクセントを表す長音符を保持して「キーエフ」と書かれることもある。また、「キイフ」、「キーフ」と書かれる場合もあるが、これらはウクライナ語の表記をロシア語等の読み方に沿って誤って転写したものである。また、漢字表記は「計由」である[6]

ウクライナの独立後、本国では公式な名称をロシア語名からウクライナ語名に変更された。現地では政策としてロシア語の使用は制限されている。また、上記にあるようにロシア語に沿ったラテン文字表記である Kiev (Kiyev) も同様の扱いである。ロシア語表記はかつてのロシア帝国ソ連の支配を快く思わないウクライナの人々の感情を害しかねないこともあり、近年英語圏における出版物では、政府発表の正式ラテン文字表記であるKyivと書かれるのが一般的である。日本でも、その傾向を受けて学者等から「キーウ」等とウクライナ語に準ずる表記が推奨される機会が増えつつある。しかし、現状では、日本やロシアにおけるウクライナ語の知識をもつ人口が少ないことや、以前は学会等でもウクライナに言及する場合、歴史的にロシア語文献を参照した研究が多かった経緯もあり、まだまだ慣例として「キエフ」と呼ばれる事例が圧倒的に多い。

ウクライナ語の認知度が相対的に低いため、政府や各メディア等々でもロシア語に沿った従来の「キエフ」という表記を用いている。しかし、上の問題を受けて、今後ウクライナ語名に沿った表記「キーウ」を用いることが必要との意見もある。

概要 [編集]

東ヨーロッパ有数の世界都市である。週末になると、歩行者天国になる市の中心部を通るフレシュチャーティク通りや、2001年の独立10周年を記念して整備され、地下ショッピングセンターなどを備えた独立広場(マイダン・ネザレージュノスチ)などで人々が賑わっている。

市内にはキエフ大公国時代の建築物が多数残されているが、戦火や共産党政権などによって破壊されたものも少なくない。その上で、黄金の門のように復元されたものも少なくない。ウクライナは両大戦において主戦場となったためそれにまつわる多くの記念碑が建てられているが、キエフ市内及び郊外にも数多くの記念碑が見られる。それ以外には、現在のキエフに戦火の傷跡を見つけることは難しい。

町は年々発展しており、他の主要都市などと比べても外観・内容ともに豊かである。

5月には祭りが行われる。

地理 [編集]

キエフとドニプロ川、ランドサット7による衛星写真

キエフの旧市街は、ドニプロ川(ドニエプル川)を見下ろす小高い丘の上にある。

市はドニプロ川を挟んで広がっているが、その内丘陵地帯の西岸側が古い建物の残る従来の市街地で、それに対し低地である東岸側は、高層建築物の目立つ新市街となっている。川の中州にはかつてドイツ軍に破壊された村の跡にヒドロパールクがつくられている。

1986年4月26日、キエフの北130kmにあるチェルノブイリ原子力発電所原子力事故が発生した(チェルノブイリ原子力発電所事故)。直後にソビエト連邦上層部によって全住民350万人の疎開が検討されたが、風向きの関係で健康への影響は無いと判断され、疎開は中止された。現在はキエフを起点としたチェルノブイリの観光ツアーが存在し、事故を起こした4号炉を間近に見ることも可能である。

気候 [編集]

歴史 [編集]

大陸性気候

[隠す]

中世前期 [編集]

伝説上のキエフの創健者。クィーイと三人兄弟(シュテーク、ホルィーウ、ルィービヂ)
中世期のキエフの象徴。聖ムィハイール黄金ドーム修道院

キエフはおおよそ5世紀頃に建設され、コンスタンティノープルスカンジナビア半島の間の交易の拠点となっていた。

6世紀ゴート人の歴史家ヨルダネスは、「ドニプロ川の町」という意味のダナピルスタディル (Danapirstadir) という名で記録している。

後にルーシと呼ばれるようになるこの地域が、東スラヴ人の統治下に入ると、この町はキエフと呼ばれるようになり、町の建設者クィイ(キイ)の名に因むという伝説が生まれた。

9世紀半ばになると北方からルーシ族を含んだヴァリャーグヴァイキング)がキエフを征服。その中でルーシ族の族長リューリクの子とされるイーゴリが、同族オレグの補佐を受けてキエフ・ルーシを建国したと伝えられる。

882年から1169年まで、ルーシの中心都市となったキエフはキエフ大公国(キエフ・ルーシ)の首都として繁栄した。最古の東スラヴ語文献である「原初年代記」はこの頃キエフ・ペチェールシク大修道院で書かれた。同修道院には現存するルーシ最古の壁が残されている。12世紀頃からルーシのほかの都市の発展に押されて衰退を始める。

中世後期 [編集]

1240年モンゴル帝国による征服時の破壊により、決定的な打撃を受けたこの都市を支配する勢力は、1264年までのハールィチ・ヴォルィーニ大公国から非スラヴ系国家のリトアニア大公国に移り、1569年にリトアニアが同君連合を結んでいたポーランド王国ルブリン合同を結んでポーランド・リトアニア共和国を形成すると、ウクライナ貴族はシュラフタとして共和国のうちのポーランド王国への帰属移動を求め、キエフ県としてポーランド王国に加盟した。その後、ドニエプル川の中流に興ったザポロージャ・コサックの統治地域に加わった。コサックたちはポーランド・リトアニア共和国の中央政界(セイム)との対立を深め、1648年には県全体がヘーチマン国家(コサック国家)の一部としてポーランド・リトアニア共和国からの自治権を得た。キエフはヘーチマン国家の文化的中心として再び栄え、ウクライナ・バロック文化が養われた。

近世・近代 [編集]

1654年、ヘーチマン国家はモスクワ大公国ロシア帝国に対する政治的な闘争に敗れ、その宗主権下に入ることとなった。1667年、ウクライナ・コサックを巡るポーランドとロシアの戦争が講和を迎え、キエフを含むヘーチマン国家は正式にロシア帝国の版図と定められた。

その後、キエフは徐々にロシアの一地方に地位を落としていったが、それでもやはりウクライナ文化や政治運動の中心地のひとつとしての機能を担っていた。そのため、モスクワ政府はキエフを強力な監視下に置くようになり、時期により差異はあるとはいえ、ウクライナの文化的あるいは政治的運動は「マゼッパ主義」や「裏切り独立主義」などと呼ばれ弾圧を加えられた。


Category: 日本 | Added by: SerijTerle (21.09.2011)
Views: 557 | Rating: 0.0/0
Total comments: 0
Only registered users can add comments.
[ Registration | Login ]
Search

Site friends
  • Create a free website
  • Online Desktop
  • Free Online Games
  • Video Tutorials
  • All HTML Tags
  • Browser Kits

  • Tourist agency TBN TRAVEL     
    consultaion  informaition  Skype : TBNCOMPANY
    Copyright MyCorp © 2018Create a free website with uCoz